頭皮ケアに特化したシャンプーがある|普段のお手入れが重要

ヘアメイクの腕を上げよう

女の人

製品と道具の管理が肝心

プロ仕様のメイクボックスを使用すると、ヘアメイクの腕が上がるという説があります。この説は正しいと言えます。プロと素人の最大の違いは、手際です。プロのヘアメイクアーティストは、欲しい道具を的確に選び出し、適宜使用します。それに対して素人は、どのような品を使ったら良いのかがすぐには分かりません。使用すべき品を、使用すべき時と場所に使うことができないのです。この原因の多くは、コスメと道具の管理ができていないことにあります。せっかく持っているコスメでも、下の方にあるので取り出せず、毎日同じコスメを使ったりしてしまいます。またブラシやチップが汚れたまま保管され、それを使うために肌トラブルが起きたりもします。そうするとキャンバス側が万全ではなく、綺麗な絵を描くことができないのです。

手際の良さを真似する

プロのメイクボックスを見てみると、コスメも道具も整然と並んでいます。人により分けるルールは異なり、色で分けている人や使用順に手前から並べる人など様々です。試行錯誤の結果、それぞれのルールが出来上がり、時間を短縮できるように並んでいるのです。汚れた道具も分かりやすく、取り替えや洗浄のタイミングを逃すことがありません。またこれはコスメだけではなく、ヘアツールにも言えます。特にヘアスタイルを決める時は、ヘアツールの使用順と素早さが肝心です。せっかく綺麗に巻いた髪の毛も、スプレーやワックスなどの使用が遅れると、たちまち崩れてしまいます。しかし予めメイクボックスに使用順に並べておけば、このようなミスをすることがありません。また、なくなりそうなヘアツールも分かりやすく、買い忘れも防ぐことができるのです。このようにメイクボックスをうまく使えば、手際良くプロの仕上がりに近付けることができるでしょう。